• ※予約優先にて、当日直前のご予約は電話にて承ります。
月~金
午前 8:30 ~ 午前 12:00/午後 3:00 ~ 午後 6:00
土曜日
午前 8:30 ~ 午後 12:00
休診日
日曜日・祝祭日

 ご予約・お問い合わせは電話とメールで受け付けています English, Indonesian, Malay speakers available

セカンドオピニオンとは?

主治医以外の医師に意見・見解を求める

「セカンドオピニオン」は、主治医以外の医師に意見・見解を求めることです。

通常、患者さまは医療の専門知識をお持ちではありません。医師から説明を受けても「本当に自分に合った治療法だろうか」「これ意外の治療法も知りたい」と疑問や不安を感じ、治療を受けるか否かをご自分だけで判断することが難しい、という方もいらっしゃるでしょう。このようなときは、セカンドオピニオンの活用をお勧めします。そうすれば、主治医以外の医師の意見・見解を知り、納得したうえで主体的に医師や治療法を選択することができます。

治療はご自分の心と身体に深く関わり、その結果によって残りの人生が左右されるといっても過言ではありません。後悔することのないよう、納得したうえで安心して治療を受けることが大切です。


どのようなときにセカンドオピニオンを求めるか

健康保険が適用される保険診療では治療法や治療費が決められています。しかし、健康保険が適用されない自費診療では、歯科医院や歯科医師によって治療方針・費用などに差が出ます。

特に、口腔外科治療、インプラント治療、手術を要する重度の歯周病など、時間や費用がかかる治療や、同じ内容でも人によって最善の結果が得られると限らない治療では、歯科医院や治療法の選択は慎重に行なう必要があります。セカンドオピニオンは、通常このような自費診療で求めます。


医師と話すに際して

質問内容をあらかじめまとめるなど、事前準備して臨みましょう。主治医以外の歯科医師と話せるせっかくの機会なので、話の途中で疑問などが出た場合は、遠慮せずお尋ねください。

歯科治療は自分の一生に関わるものです。後悔することなく、生涯にわたって健康に過ごすためにも、セカンドオピニオンは有効に活用しましょう。